名古屋形成クリニック

お知らせ

052-583-7077無料メール相談
診療時間地図アクセス

胸の治療

豊胸、整胸(形を整える)治療

手術の方法は大きく分けて、シリコンバック、脂肪注入、ヒアルロン酸注入の3種類ありどの方法にするかは患者様の希望に合わせ行います。

シリコンバック

胸にバックを挿入し、胸を大きくする方法です。バックはシリコンバックが一般的です。

シリコンバック挿入位置

①腋窩切開
ワキのしわに沿って数cm切開し、そこから豊胸バッグを挿入します。
乳房の下にどうしても傷を残したくない方に行われます。
②乳輪切開
乳輪切開は、傷跡が小さいという利点があります。
③乳房下切開
乳房の下の溝に沿って皮膚を切開し、豊胸バッグを挿入します。
腋窩法に比べ、出血を確実に止められるなど、安全性の高い方法です。

シリコンバックを使用した豊胸手術後は20~40%くらいは硬くなることを認識して下さい。この場合には再手術を行なえば半分くらい軟らかくなりますが、残りの半分は再手術しても硬い状態となります。

バックを取り出してしまえば手術前の状態になります。

手術時間
1~2時間
手術料金
100万円【税込価格】

脂肪注入

患者様ご自身の脂肪を吸引し、その脂肪を胸に注入することにより胸を大きくする方法です。脂肪注入したバストは感触も自然でキレイなバストラインを手に入れることが出来ます。もちろん、ご自分の脂肪なので術後の違和感やアレルギーもなく、体の負担を最小限に抑えることが出来ます。

1回に注入できる脂肪の量は100cc(片方50cc)くらいまでで、注入した脂肪の2割は定着して半永久的に豊かなバストになります。また、吸引した脂肪をそのまま注入するため、レントゲンに写ることもありませんし、乳がん検診も受診頂けます。 稀に脂肪が融解して嚢胞という袋状になることがあります。繰り返し脂肪の注入をするといいでしょう。

手術時間
120分ほど
手術料金
38~65万円【税込価格】

乳頭、乳頭の形を整える治療

陥没乳頭

陥没乳頭は乳頭が突出せず、乳輪より奥へ引き込まれている状態です。乳頭がへこんだままですと授乳に支障が生じます。

手術の方法

当クリニックの乳頭陥没の手術は
①陥没している乳頭を突出させ形態を良くし、再陥没しないようにする。
②できるだけ授乳が可能なように授乳機能を温存する。
③傷跡は最小限です。乳頭基部に5〜6ミリの切開により手術しますが目立ちません。
手術時間
45分ほど/片側
手術料金
20万円/【税込価格】

乳頭縮小

「乳頭肥大」は、妊娠、授乳によるものが大部分ですが、時に下着にこすれることにより肥大することがあります。乳首が大きい場合や乳首の形が変形している場合もあります。

手術の方法
乳首は体の他の部位に比べても元々傷が非常に目立ちにくい部位ですので、傷跡はほとんどわかりません。また、今後の授乳にも影響することもありません。
基本的に乳管は温存しながら、乳頭の皮膚を切り取り、縫い合わせて高さや外形を小さくします。
手術料金
20万円

乳輪縮小

胸全体から比べ乳輪が大きすぎることを「乳輪肥大」と言います。

「先天的に乳輪が大きい」「授乳により大きくなってしまった」など、バストサイズと同じくらい乳輪の大きさに悩む女性は少なくありません。乳輪の大きさが気になる場合には、乳輪の皮膚を部分的にドーナツ型に切除縫合して、乳輪を小さく修正することが可能です。乳腺を傷つけることもなく授乳にも影響のない方法での治療です。

手術の方法
傷跡の目立ちづらい乳頭基部の切開により、乳輪を縮小します。
手術料金
22万円/片側【税込価格】