名古屋形成クリニック

お知らせ

052-583-7077無料メール相談
診療時間地図アクセス

男性の治療

男性の治療には次のようなものがあります。

包茎手術

包茎とは

包皮が亀頭を包み込み、亀頭を露出できない状態を包茎といいます。

日本人の成人男性約6割が「皮かむり」と呼ばれる包茎と言われています。

赤ちゃんのオチンチンを見てもわかるように、乳幼児期には誰もが包茎状態です。陰茎の成長とともに包皮は後退し、二次成長が終わるころには亀頭が元気な顔を現すはずなのですが、日本人の場合、皮を被ったまま大人になるケースが少なくありません。また、包茎は日常的な生活に支障をきたさないため、どうしても放置しがちですが、実は包茎には軽視できない問題がたくさんあります。感染や炎症などの病気の面、ペニスの成長の面、見た目のコンプレックスの面、性行為の面など、手術を受けられたほうが遥かにメリットが多いと言わざるを得ません。

包茎の種類

仮性包茎

平常時では亀頭に包皮がかぶっていますが、勃起すると皮がむけて亀頭が露出する、もしくは手を使うと亀頭が露出できるタイプです。言い換えれば「皮が長い」ということで、日常的な生活にも性行為にも支障がありません。

仮性包茎には、カントン包茎に近いものなど見分け方が難しいのが特徴で、治療のいらない軽度のものから手術の必要は重症のものまでさまざまです。

カントン包茎

真性包茎や重症の仮性包茎(普通のときは剥けるが勃起時は剥けない)の状態で、包皮を無理やり剥いてしまうとペニスは狭い包皮口により締め付けられてしまい、元に戻らなくなる場合があります。最悪の場合、亀頭部は腫上がり、激しい痛みが襲います。

このような状態を嵌頓(カントン)包茎といいます。

普段、亀頭が露出している人でも性行為時によく同じ場所に炎症(切れる所)がある人も、このタイプに多くみられます。

真性包茎

亀頭が完全に包皮に覆われていて、包皮口が亀頭の大きさよりも小さいために、亀頭が全く露出しない状態です。

包皮口がとても狭い場合は亀頭と包皮の間を清潔に保つことが出来ず、炎症や感染症を引き起こしてしまう可能性があります。真性包茎は、性行為にも影響があるため、早期の手術が必要です。

手術の方法
当院の包茎手術は、通常の美容外科と同様に最先端の技術と最新の器具を駆使して、細心の注意を払って手術を行います。
手術の際には、美容治療で使われている高級な針と糸を用い、1500種以上集積された手術のデザインフォーマットから、各患者さんに最も適したカットラインを選択して行うなど、精度の高い手術です。
当院では、院長自らが執刀します。
包茎は、多くの人が「恥ずかしい」「恐い」などという理由で治療に踏み切れずにいます。
でも、包茎手術はそれほど大変なものではなく、手術時間はわずか30分。痛みもほとんどありません。
また、手術当日からシャワーを浴びることが可能です。 エステや美容整形と同じで「機能を損なわないよう性感帯を傷つけず」「より自然に美しく」という、ひとりひとりの理想を実現するために行われます。 「安全で安心、そしてきれいな仕上がり」それが当院の包茎手術の鉄則です。

パイプカット

パイプカットとは

男性が行う避妊手術で、精巣で作られた精子を精嚢まで運ぶ精管をカットする手術です。精管をカットすることにより精子は出なくなりますので、効果が永続的で優れた避妊効果があります。
パイプカットをすることで、避妊具を使わずに100%避妊できますので、安心してセックスを楽しむことができます。

この治療は母体保護法に基づいて行うもので、妊娠が母体の健康に重大な悪影響がある場合、これ以上子供を希望しない方に認められています。お子様がいらっしゃる夫婦で配偶者の同意が必要です。
※同意書の形式は問いません。同意の内容が明記されていて、同意された方の署名・捺印があれば結構です。

手術の方法
麻酔にて手術部位を無痛状態にして陰嚢を切開し、左右ある精管を医療用の糸で縛る手術です。縛るだけでは再開通する危険があるため、精管をカットし両端の断面を電気凝固します。
手術時間
45分ほど
手術料金
20万円【税込価格】

パイプカット後精管形成術

精管再生術とはとは

アメリカの研究になりますがパイプカット後、約6%の方が何らかの理由で精管形成術を行っているといわれています。精管形成術を希望される患者様の理由としては「気が変わり、お子さんをさらに望む方」「一回目の顕微授精で妻の負担が大きかったこと」「離婚」「子供の死別」などがあります。

手術の方法
手術は手術用顕微鏡を使用して全身麻酔で行いますので、限られた医療施設でしか行えません。
陰嚢を切開し、パイプカットの際にカットし縛った精管を特殊な固定器具を使用して精管と精管の断端を保持し、顕微鏡手術用の細い糸で精管断端を縫い合わせていきます。最後に陰嚢の皮膚を縫合し終了です。
吸収糸(溶ける糸)を使用しますので、抜糸の必要はありません。
手術時間
45分ほど
手術料金
20万円【税込価格】