名古屋形成クリニック

お知らせ

052-583-7077無料メール相談
診療時間地図アクセス

目の治療

目の治療には次のようなものがあります。

二重まぶたにする治療について

手術の方法は、埋没法と切開法の2種類あり、患者様のまぶたの状態やご希望に合わせて手術を行います。

埋没法

埋没法は、細い糸で留めて二重にする方法で、痛みも少なく手軽に希望の二重を作ることが可能です。

大きく切開しないため、痛みや腫れも少なく治療時間も両目でわずか20分程度です。

将来ご希望のラインが変わっても、後から元に戻したり幅を変えることが可能なため安心です。

平行型の二重

末広型の二重

切開法

切開法は、切開をして二重のラインを作ります。

糸で留めただけの埋没法は糸が取れてしまい一重に戻る心配がありますが、切開法による二重は元に戻ってしまうという可能性は非常に少なくなります。同時に、皮膚のたるみがひどい場合には、皮膚切除を多めにします。まぶたが腫れぼったい方はまぶたの脂肪を除去することも可能です。 (以前に埋没法を受けられている方は、以前の糸を除去することもできます。)

皮膚切開+まぶた脂肪除去

埋没法&切開法の比較

埋没法で二重にする方法

手術の方法
細い糸を上まぶたに1〜3ケ所埋め込み、二重のラインを作ります。
手術時間
20分ほど
埋没法とは
切らずに目を二重にする手術で、手術当日でも腫れが少なくてすみます。
手術料金
約5万5000円(消費税別)〜

切開法で二重にする方法

手術の方法
目頭から目尻までの余分な皮膚を切開します。腫れぼったい瞳の場合には脂肪除去します。
手術時間
45分ほど
手術料金
約27万円(消費税別)〜

目の下の脂肪除去

老けて見える・疲れて見える原因の一つとして、目の下の脂肪(膨らみ)が挙げられます。

この症状が見られる方は、低血圧の人、甲状腺疾患のある方目をよく使う人、コンピューターを見る方に多いようです。

目の下の脂肪の膨らみは、そのまま放っておくとたるみの原因となるため、たるみ予防として早めの治療をオススメいたします。

下まぶた裏側の粘膜部分を数ミリ切開し余分な脂肪を除去します。傷跡は、表面から見えることがないため、手術をしたのが周囲の人に気づかれません。また、ダウンタイムも短く、手術後2日すれば仕事も可能です。

目の下の脂肪除去

手術の方法
結膜側から手術をします。
目の下の脂肪は、まぶたの裏側の粘膜より除去手術をしますので皮膚に傷跡はできません。
手術時間
45分
手術料金
約22万円(消費税別)

眼瞼下垂

生まれながらに目が開きにくい状態を先天性眼瞼下垂と言い、眼瞼下垂と目頭が変形している場合は瞼裂狭小症と診断されます。

成人や中年になって次第に目が開きにくくなってくる状態を後天性眼瞼下垂と言います。この場合は視力が悪かったり、コンタクトレンズを使用していた人には多いようです。

先天性と後天性手術では手術の方法が異なります。先天性は、前頭筋移行術を行い、後天性は部分眼瞼挙筋短縮、眼窩隔膜定術などがあります。

難しい文字が並び訳が分からないと思いますので実際には診察の上詳しくお聞きください。

手術料金
約38万円(消費税別)
後天性眼瞼下垂、先天性眼瞼下垂症には、保険が適応されます。また、育成医療の制度もあり、成人に達するまで医療費の負担はありません。(2021/9 現在)